【実録】キャリアウーマンという生き方|仕事・プライベート・結婚

TOP

結婚観

 

 


結婚への興味

 

結婚

私は今ちょうど30歳になりますが、結婚しないの?という親戚の意見も耳が痛くなる年齢になってきました。 結婚に全く興味がないということではないのですが、今の私は仕事が楽しいというところもあります。 結婚してしまうと仕事の優先度を1番にできなくなるという点が私の中ではネックになっています。

中には結婚しても残業バリバリやっている人もいますし、結局は人それぞれなのかもしれません。 周囲の反応から婚活パーティというものに参加しました。連絡先を交換した人もおり、食事のお誘いも受けたのですが、 丁度仕事が忙しい時期でお断りしてしまいました。仕事程の興味も現時点では自分は持てていないようです。 仕事以上に興味を持てる日が来ると、何か変わるのかもしれませんが今の私は仕事は必須であって結婚はオプションといいますか時間が合えば・・ という感覚のようです。

ちなみに、私が婚活アプリで利用していたのはペアーズ(pairs) というサイトです。Facebookと連動しているサイトで、私のように気楽に相手を探したい人にはおすすめです。

 

 

結婚と仕事の両立

 

料理

結婚していないのでどのようにすれば両立できるのか考えたいと思います。一般論では夫が協力的であること、、と言われますが、 本当にそれだけで両立できるでしょうか?というか「協力的であること」という発想自体、家庭の仕事は女性主体で、 男性は協力すればOK的な風潮になっているのだと考えられます。

夫と自分が深夜まで残業しなくてはならない日は被った場合どうするのでしょうか?どちらが譲りますか? 結局は協力レベルでは家事の分担ができないと思います。私自身は、家事が全くできない(しない)状況で仕事を優先してしまうと負い目を感じてしまいそうなので、 自身も家事は女性の仕事と思ってしまっているのだと思います。

結論的には両方を優先度1番に持ってくることは難しいと思うのです。両立するためにはどちらかに順位を付けて、 家庭に1位をつけるのであれば多少のキャリアは諦めるしかないと思いますし、仕事に1位を付けるのであれば自分の理想の妻・母という形は 諦めるしかないと思います。

夫には”協力する”ではなく、”家事を自分の仕事だ”とも思ってもらう必要があります。どちらかに優先度をつけ、 それを自分なりに理解することが両立することへの課題だと思います。

 

 

子育て

 

私は子供が居ませんので、職場で結婚して子供を産んだ方のエピソードです。

その方は出産後、時短勤務で復帰しております。時短制度自体自社にはあるのですが、運用されるのは稀なそうです。 復帰したものの、やはり通常の人の定時は9時半〜18時、でも大体21時頃まで残業するのが主流の中、その方は15時に帰宅することより、 仕事を回すのが難しいことと、自分の後輩の方が先に出世してしまうことが、頭では分かっていても気持ちの整理はできないようです。

復帰の道はありますが、時短勤務での復帰では、出世コースから外れてしまうということの覚悟は必要だと思われます。 でも私はそれは子供に優先度を上げた結果であるため、時短の勤務内で普通の人が残業してこなす仕事量を達成しなければ評価されないのも 仕方ないのではないかと思います。

 

Attention

無断印刷・無断転用・無断配布禁止